« 還暦は“脳人生”の半ば? | Main | 后妃の子守唄 »

March 16, 2013

本は何度も見返すもの

哲学者西田幾多郎の70歳近い頃の随筆『読書』に「老いるに従って理解が鈍くなり、印象も浅く記憶が悪しくなり、一度読んだ本であっても、すぐその内容を忘れてしまうことが多い」とある。
以前に読んでいた本を忘れていたとしても、我が理解力に問題を持ったとしてもそんなに悲観することはないのかもしれない。
本は何度も読み返すものらしいから。

|

« 還暦は“脳人生”の半ば? | Main | 后妃の子守唄 »