« 幸福度調査 | Main | いまはもほほえむ »

August 06, 2008

「一本の鉛筆」で書く八月六日の朝

 8月6日は、広島の平和記念日。
美空ひばりの「一本の鉛筆」(作詞:松山善三、作曲:佐藤 勝)は、昭和49年8月9日の第一回広島平和音楽祭で実行委員長の古賀政男さんのプロデュースで書き下ろされたのだという。
その後62年に福岡で倒れ緊急入院。63年4月の東京ドーム公演で不死鳥のように復活し、昭和63年の第15回広島平和音楽祭でも歌っているが、翌年6月には帰らぬ人となった。

  一本の鉛筆

1.あなたに 聞いてもらいたい
  あなたに 読んでもらいたい
  あなたに 歌ってもらいたい
  あなたに 信じてもらいたい
  一本の鉛筆があれば
  私は あなたへの愛を書く
  一本の鉛筆があれば
  戦争はいやだと 私は書く

2.あなたに 愛をおくりたい
  あなたに 夢をおくりたい
  あなたに 春をおくりたい
  あなたに 世界をおくりたい
  一枚のザラ紙があれば
  私は子どもが欲しいと書く
  一枚のザラ紙があれば
  あなたを返してと 私は書く

  一本の鉛筆があれば
  八月六日の朝と書く
  一本の鉛筆があれば
  人間のいのちと 私は書く

|

« 幸福度調査 | Main | いまはもほほえむ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 幸福度調査 | Main | いまはもほほえむ »