« 国を思う人々の手紙 | Main | まんどろだ »

September 17, 2005

多くの国民は愚かではなかった

    青葉ひかる「蘇れ美しい日本」より
このたびの衆院選は 「小泉首相」がいいのか、「岡田首相」がいいのか、焦点はそれだけの選挙だったのではなかろうか。
どちらに日本の舵取りを託すのか、その意味でも「これは天下分け目の決戦」であった。
単なるパフォーマンスがいいからという理由だけで政権を選ぶほど、国民は愚かではなかったのは確かである。多くの国民は「小泉首相のほうがましである」「自民党しかしようがない」という選択をしただけではないだろうか。
 景気回復をはじめ、拉致問題など、小泉首相にはいろいろ不満を持つ国民も多い。しかし、外交ひとつをとっても、日本と価値観を共有しているアメリカ重視が基本であれば、「小泉首相のほうが安心だ」「政権が変わって中韓への屈服外交はごめんだ」ということで小泉さんに軍配があがったのだ。
小泉首相は、「ベストではないが、ベターである」という判断のみである。
 ベターな首相としての小泉さんを選んだ国民であるが、願わくばポスト小泉首相は、ベストであることを!

|

« 国を思う人々の手紙 | Main | まんどろだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 多くの国民は愚かではなかった:

» 47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」とは笑わせる。自民党の小選挙区 [Read More]

Tracked on September 18, 2005 10:49 AM

« 国を思う人々の手紙 | Main | まんどろだ »