« 母の手紙 | Main | 「昔話」ゾクゾク…スローライフへの憧れ? »

September 05, 2005

百日目の花束

 韓国通の友人の話。
韓国の人は記念日好きで、記念日には花を贈ることが多いという。
なかでも、恋人として付き合いはじめて百日目の記念日には、男性は女性に花を贈らなければならない。
屋台の花屋さんには数え切れないほどのバラが積まれ、横にはボードが吊るされている。
いわく、
 1本(赤いバラ):あなたが一番きれいです
 4本(ピンクのバラ):私から逃げることは出来ない
 52本(ピンクのバラ):今日は永遠に忘れられない日
 119本:燃える気持ちで愛を告白します
 1004本:あなたは永遠に私の天使です

燃える気持ちが119本というのは、消防署の電話番号にひっかけているらしい。
告白して水をかけられるのも覚悟のうえということか?!

|

« 母の手紙 | Main | 「昔話」ゾクゾク…スローライフへの憧れ? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 百日目の花束:

« 母の手紙 | Main | 「昔話」ゾクゾク…スローライフへの憧れ? »