« 読書の秋を脳で楽しむ | Main | いい孫になりそう »

September 24, 2005

掃除が楽しくなる

 ふつう洗剤は、食器用、お風呂用、床用などと用途が決まっているが、『とれる№1』という1本で何にでも使える洗剤がある。
せっけんや合成洗剤のように界面活性剤によって汚れを落とすのではなく、有機微生物が汚れを分解することによって汚れを落とすバイオ洗剤である。成分は、納豆菌やイースト菌の仲間の有益微生物数種類が含まれた米ぬかやふすまが3%、菜種・大豆・ごまなどの植物性油脂が2%、ほかは天然水だけから作られている。
 へドロで汚れた今日との有名な池の水をきれいにするために開発され、実際に試行してみると半年でへドロが半減したという。また、水槽での浄化実験では、魚介類や藻などの生態系も安定してきた。
「環境にやさしい」というと、ともすれば洗浄力は二の次と思われがちだが、『とれる№1』は、特に油汚れに強い。
 この洗剤を販売するサイト;地球洗い隊のポリシーは「 環境にいいから汚れ落ちはガマンというのではなく、汚れも落ちる上に環境にいい」である(同サイト運営責任者小山田さん)。
「掃除が楽しくなった」という声も多く寄せられているそうだ。

|

« 読書の秋を脳で楽しむ | Main | いい孫になりそう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 掃除が楽しくなる:

« 読書の秋を脳で楽しむ | Main | いい孫になりそう »