« 「サオラ−」って名前を知っていますか | Main | 桔梗姫の伝説 »

September 30, 2005

満月の明るさ

 ヨーロッパの人達にとって、満月はあまりにクリアなので怖いという、いわゆる狼男の出てくる世界である。
日本の満月は、西洋、いわゆるヨーロッパの満月と違って、どこか柔らかい。
空気が湿気を帯びているせいで、霞やもやがかかるのである。
 証明デザイナーの石井幹子さんによると、この満月の夜の明るさは0.1ルクス。文字がかろうじて読める明るさが10ルクスぐらいで、一般の住宅の照明は、100から200ルクスだという。
満月の0.1ルクスから20ルクスぐらいまでの間は、人の目は非常に敏感で、ものの陰影の濃淡がものすごくよくわかるものらしい。
この明るさが満月の美しさをいやが上にも、高めているのであろう。

|

« 「サオラ−」って名前を知っていますか | Main | 桔梗姫の伝説 »

Comments

やいっちさま
ようこそ。

満月の夜に生まれた孫は、いつでも、誰にでも、「美しかった月の光」のエピソードと共に語られる幸せな子ですが。私どもは、かぐや姫のおじいさんとおばあさんの心境が、痛いほど心に残る年頃となりました。

また、お出かけください。

Posted by: 魔女っ葉 | September 30, 2005 04:22 PM

はじめまして!
「更新順ココログ一覧」から飛んで来ました。
やいっちと申します。

月についてのヨーロッパ(北欧)と日本との違い。納得です。秋になると空気が澄んで月が煌々と照る…と日本では言う。けれど、情緒を以って観照できるのは、月影に凄みが(恐らくは北欧ほどは)ないからなのでしょう。
これは、太陽(緯度)とも関係があると思います。北欧は、白夜の国。太陽の光は日中でも弱々しい。
これに対し、夜の月の光の眩さ!

お邪魔しました。

Posted by: やいっち | September 30, 2005 01:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 満月の明るさ:

« 「サオラ−」って名前を知っていますか | Main | 桔梗姫の伝説 »