« 日本語力の欠如 | Main | 70歳でなお成長 »

May 11, 2004

ある読書会

★ 「本田満夫著 高齢者の医学と尊厳死」の拾い読み
 先ず、本間日臣氏の ターミナル・ケアの目標、私の診療メモを読む。
『人生全体の意義も死をもって最終的に完成される。自分らしい死の迎え方を追及すべきである。しかし最近は死の場所が家庭より病院に移りそれが困難になって来ている。』
 老化防止に『美容に心掛けることは精神的に良い影響を与えるので非常に望ましい。』
皆さん、おしゃれをしましょう!

 ★『私はガンで死にたい』を輪読。
 今は90%の痛みをコントロールできるから残された時間を計画的に有効に過ごせる。
ガンは遺伝子の病気で、80才では半数がガンの芽を持っている。
天寿ガンというそうです。
                                             (「のぞみ会便り」より)

|

« 日本語力の欠如 | Main | 70歳でなお成長 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ある読書会:

« 日本語力の欠如 | Main | 70歳でなお成長 »