« 日本初の童謡「かなりや」 | Main | ブログ上の性差談義 »

May 07, 2004

海辺のカフェ文化

私のシグマリオン遍歴は、息子のお下がりの初代に始まり、夫の仕事を手伝うという名目で買わせた2代目、そして3代目は、ボーイフレンドから回ってきた購入以来2年間未使用だったというシグマリオンⅡである。
国内旅行はもとより、公園での井戸端会議にも連れて行くという3年間の付き合いである。
気軽に、いつでもどこでもインターネットが楽しめるとはいうものの、問題がないわけではない。
我が家の台所や箱根の山の中のホテルではなかなかつながりにくいのである。
しかし、この電波の状況に左右されるというPHSによる通信環境には、思わぬ楽しみがあった。

一人っきりの時間を、海辺の喫茶店でシグマリオンと過ごす。
それは、朝のコーヒーだったり、ブランチであることもある。
そういえば、ヨーロッパでは公園で、カフェで一人っきりで座ってゆっくり時を楽しんでいる人を見かける。
そこで本や雑誌を読んだり、手紙や葉書を書いたり、マンウォッチングをしたり・・・・。
「日本が欧州に絶対に叶わないもののひとつが、カフェ文化ですよね」といったのは、クライン孝子 (フランクフルト在住,ジャーナリスト)さん。

ささやかな楽しみながら、これも「湘南のカフェ文化」と密かにシグマリオンの電源を入れる。
ゴールデンウィーク明けの、初夏を思わせる海。
接続はすいすいと、アメリカもトルコも近い??

|

« 日本初の童謡「かなりや」 | Main | ブログ上の性差談義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海辺のカフェ文化:

« 日本初の童謡「かなりや」 | Main | ブログ上の性差談義 »