«  『常山紫陽花の話』 | Main | 卒煙ネット »

May 30, 2004

情報ツール今昔

通勤電車の中などで、向かい側の座席の一列全員がそれぞれの胸の高さに携帯電話を抱えているのに遭遇する。
冠をつけ細長い板状の笏(しゃく)を手にしたあの聖徳太子の肖像を連想する。

ものの本によれば、笏は古代中国で周の時代から使われていた。
官位にある人が礼服に威儀を正したとき、右手に必ず持った。
もとは手板とも呼ばれ、君命や奉状事項を書き留めるのに使ったという。
儀式の式次第を書いた紙を内側に貼り付けもした。
情報ツールという意味では、携帯電話と今共通項がある(5/30 日経春秋より)。

|

«  『常山紫陽花の話』 | Main | 卒煙ネット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 情報ツール今昔:

«  『常山紫陽花の話』 | Main | 卒煙ネット »