« 不惑の大記録、“新魔球”の名は「なんちゃってフォーク」。 | Main | 北に対する唯一の武器は、国民が結束して草の根サイドで圧力を掛けること! »

May 23, 2004

女高男低?

8月13日に開幕するアテネ五輪に参加する日本選手団の女子選手数が、冬季五輪を含めて日本の五輪参加史上初めて男子選手を上回ることが確実な情勢となった。
日本オリンピック委員会(JOC)は5月10日の幹部による連絡調整会議で、選手団の役員にも女性を積極的に起用する方針を固めた。

JOCでは、アテネ五輪に参加する選手総数について、海外派遣で過去最大だったアトランタ五輪の310人を上回る規模を予測。選考会の残る陸上や最終予選のあるバレーボール、ランキングで決まるテニスやバドミントンなど出場枠が決まっていない競技で、男子が女子を上回るのは陸上などごくわずかにとどまる見通しとなっている(4月27日までに決まっている日本のアテネ五輪参加選手数は218人。内訳は男子の76人に対して女子は142人と倍近い数)。

 女子選手数が大幅に増加した最大の要因は、チーム球技のソフトボール、バスケットボール、ホッケー、サッカーの出場権獲得。
 これに対し男子は野球、サッカーでは予選を突破したが、バスケットボールとホッケーで出場権を逃し、男女差が広がった。メダル数では、すでに前回のシドニー五輪で男子5個に対して女子13個と「女性優位」となっていたが、選手数でも「女性の時代」が来たことになる。ここでも『女高男低』 か。

|

« 不惑の大記録、“新魔球”の名は「なんちゃってフォーク」。 | Main | 北に対する唯一の武器は、国民が結束して草の根サイドで圧力を掛けること! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 女高男低?:

« 不惑の大記録、“新魔球”の名は「なんちゃってフォーク」。 | Main | 北に対する唯一の武器は、国民が結束して草の根サイドで圧力を掛けること! »